男女

3dプリンターの選び方を知ろう|失敗しないコツ

  1. ホーム
  2. ラミネーターの使い方

ラミネーターの使い方

フィルム

印刷物の保護や装飾に

「ラミネート」とは印刷物にフィルムを貼りつけることを言います。フィルムを貼ることで印刷物の水やほこり、キズから保護をすることができたり、色落ちの防止になったりします。また、高級感を出すこともできます。ツヤのない紙に印刷したものであっても、光沢のあるラミネートフィルムを使えばツヤを出すことができます。逆に、ツヤのある紙に印刷したものに、光沢のないラミネートフィルムを使えばマットな質感に仕上げることもできます。では、ラミネートの仕方についてです。ラミネートを行う際には、ラミネーターという機械を使います。一般的に使われているのは、ホットラミネーターです。ホットラミネーターは熱を利用して、フィルムを印刷物に接着します。使い方は簡単で、紙などの印刷物をラミネートフィルムに挟み込み、機械に挿入します。すると、自動的にフィルムと印刷物が送り出され、接着が行われます。これで完了です。ただ、注意事項があります。一つ目は、フィルム単体やフィルムの余白が広い状態でラミネーターに処理をかけないことです。故障の原因になります。二つ目は、熱によって消えてしまうインクを用いた印刷物はラミネートを行えないということです。変色などの原因になります。これらのことを守れば、ホットラミネーターは硬めの接着を行うことができます。熱処理を行わずにラミネートをしたい場合には、コールドラミネーターの使用をおすすめします。こちらは、フィルムに塗られた糊を圧着することで接着を行います。熱処理を加えない分、接着の仕上がりは、やや柔らかめになります。用途に応じて使い分けましょう。