男性と女性

3dプリンターの選び方を知ろう|失敗しないコツ

レディ

社員証を低コストで制作

カードプリンタは、社員証などのプラスチック製IDカードを制作できる印刷機です。導入すれば、外部業者に委託するよりも安価で迅速なカード発行が可能になります。入館証の発行など、対外的なサービスにも活用できます。

樹脂を積層してプリント

3Dプリンター

立体的な物を作れる

一般的には紙にインクを吹き付けて2次元的に印刷をするのが従来のプリンターですが、3dプリンターでは専用の樹脂を積層させて少しずつ糊付けしていくような形で、立体的なデザインを成形します。パソコンでの3Dモデルデザインが必須で、モデルデータがあれば立体的なプリントは自動でやってくれます。3dプリンターの選び方には家庭用と業務用、積層ピッチの細かさでの選び方、価格での選び方などもあり、家庭用の3dプリンターは価格と積層ピッチをあわせて比較すれば十分です。子供のおもちゃやちょっとしたパーツを用意したいときにも頼りにでき、ものづくりが趣味の方には画期的なプリンターです。パソコンでデザインした正方形のサイコロや人形のフィギュアのようなものでもピッチに無理がなければきれいに作り出すことができます。ちょうど必要な入れ物やグッズを自分で作れるため、素材によってはスマホケースを完全オリジナルで自作することも可能です。3dプリンターの選び方はまだその本体が多くは販売されていないので制限されてしまいますが、価格で言えば10万円から30万円ほどのものを選ぶとかなり自由度が高く、業務用としても使えます。家庭用として販売されているプリンターでも業務用に使えることがあるため、性能によってかなり差があります。企業で導入する際には、どのような性能が必要であるかを検討した上で購入するようにしましょう。また、現在では3dプリンターのリースを行なっている業者もあります。コストを抑えたいという企業は、リース業者を利用するとよいでしょう。

電話

電話料金の低減化へ

会社でもよく使われる今までの電話システムに代わって、IP電話と呼ばれる仕組みが登場して、企業にて使われ始めています。IP電話は電話回線代を低減させるだけではなく、テレビ会議システムへの応用や携帯電話との連携など、新しい使い方も可能な仕組みなのです。

フィルム

ラミネーターの使い方

ラミネートは印刷物の保護、装飾のために行います。ラミネーターは、ホットラミネーターとコールドラミネーターがあり、それぞれ印刷物に応じて、使い分ける必要があります。両者とも、印刷物にフィルムを挟んで機械に挿入すれば、自動的にラミネートを行ってくれるので簡単に使うことができます。